フライフィッシング一覧

ルアーフィッシング始めます。フライマンですがエリアトラウト入門。

渓流の禁漁期間中でも管理釣り場なら釣りを楽しむことが出来ます。そんでオフシーズンに通うようになるわけですが、何処の釣り場に行っても圧倒的にルアー人口の方が多いです。(ルアーしか出来ないところも中にはあるしね)そんなことを考えてルアーをしている人を眺めていると、やってみたくなるのです。必要な道具やルアー、行った釣り場などについて今回は書いていきます。

管理釣り場のニジマスをより釣るための考え方

9月までゴリゴリ ネイティブトラウトを狙っていた皆さん、今年から渓流に目覚めて釣りを始めた皆さんもお疲れ様でした!これから来年の春を迎えるまでお世話になる回数が増える管理釣り場ですが、そこにいらっしゃる魚達をどうしたらより釣れるかって気になりませんか? 今回は管理釣り場で主に放流されているニジマスの攻略の糸口について書いていきます

テレストリアルおすすめフライ3選!

夏~秋にかけての渓流フライではテレストリアルが活躍します。真夏はメイフライのハッチが少ないし秋になっても小型のものが多いです。川の上流で水量や水温の変化によって捕食できる水性昆虫の数が減ると渓流魚にとっては死活問題。今回はそんな夏~秋の渓流魚を惑わす使いやすいフライパターンを3つ紹介します。

禁漁期の渓流で釣りがしたいあなたにおすすめする関東エリアフィッシング3選

9月が終わると漁協が管理している河川では禁漁を迎えますね。渓流でも魚たちが産卵の準備に入るため一部を除いて釣りが出来なくなってしまいます。「それでも渓流で釣りがしたい!」というあなたに禁漁後も渓流釣りが出来る関東の管理釣り場を3箇所紹介します。

管理釣り場の反則級フライ3選!

フライフィッシングを始めたばかりの頃ってポンドの管理釣り場に行って訳もわからずバリバリのドライフライを投げて全然釣れねー!!なんて思いしたことありませんか?そんで、若干やけくそ気味に結んだ、ただ毛糸を巻いただけみたいなフライで魚が釣れるのです。 そこでやっと「ああ、考え方が囚われていたな…」と気付くのです。

フライリールとラインのメンテナンス!

釣りにいったら使った道具類はメンテナンスした方が愛着が湧きますし長持ちします。渓流フライの場合、リールの構造もシンプルでただラインが巻かれているだけのイメージですが、砂を噛んでいたりすると釣をしていて以外と不快に感じます。今回は釣りにいった後に私がやっているフライリールとラインのメンテナンスについてです。