フライタイイング一覧

冬の渓流でも魚が出るドライフライ

冬の管理釣り場、しかも渓流で水面で魚を釣りたい方におすすめする記事です。冬の渓流は気温も水温も低くさすがに魚の活性も下がります。目立つ水性昆虫の羽化も止まり水量も減って静かな印象になりますね。そんな中、どうしてもドライフライで魚を釣りたい方たちが世の中にはいます。さて、皆さんはなにを使っているのでしょう?

冬の管理釣り場でイワナを狙えるフライ、ビーズヘッドオーストリッチマラブー

他の記事でオーストリッチを使ったマラブーを紹介しましたが、少し変化を加えてイワナを狙いやすいフライにしてみました。特に冬!マテリアルがオーストリッチに変わっただけじゃん!っていうツッコミは置いといて紹介していきます。

ラビットミノーのタイイング!大型フライで大物狙い

このラビットミノーは秋冬の本流や管理釣り場で活躍できるストリーマー系のフライです。冬は大物狙いのシーズン。水温が下がると体の小さな魚は影響を受けて動きが鈍くなります。大きめのフライを使って大物を狙って行きましょう!今回はラビットミノーのタイイングについてのきじです。

【エッグパラ】なるフライを作って見ました。バカでしょ、笑わないで下さい真剣です。

エッグフライってありますよね。 めっちゃ釣れるやつ。釣れ過ぎて管理釣り場では禁止になっているところもあるようですが、釣れ過ぎるから使用禁止ってなんか釈然としません。という事でこれはエッグフライじゃないよ!ってフライを無理くり作ってみました。

ピーコックバックパラビートルのタイイング!

その名の通り、パラビートルのバック部分をピーコックに変えたフライです。 ピーコックソードを主に使うことによって煌めき感が増していかにも釣れそうなフライになったと自分では思っています。今回はピーコックバックパラビートルのタイイングについて紹介していきます。

ピーコックソードを使って玉虫的なドライフライをタイイング

ピーコックソードはピーコックハールに比べてフリューのキラキラ感があって色が鮮やかです。 このピーコックソードを使って鮮やかな色のボディバックを入れることによって「玉虫っぽい」フライを作りました。エリアトラウト系の釣りでフライらしいフライで魚が釣りたいときなんかに効果的なものだと思います。今回は玉虫的なテレストリアル系フライのタイイングを紹介します。