管理釣り場で初心者が選ぶルアーはクランクがおすすめ

普段着でも手軽に行けて本格的なルアーフィッシングを楽しめるのが管理釣り場。そんな人気の管理釣り場ですが手軽に釣りに行けても、簡単に魚が釣れてくれる訳ではありません。今回は管理釣り場で初心者さんが、まず魚を釣れるようおすすめするルアー(クランクですが)を紹介します。

エリアトラウト2回目の初心者がニジマスを釣る

今シーズンからエリアトラウトのルアーフィッシングを始めたnakiですが、今回2回目の釣行となりました。 今回のフィールドは、関東のエリアルアー難関スポット、朝霞ガーデン。トラウトルアー2回目のヒヨッコアングラーがどんなルアーで魚を釣るのか? そんな感じの内容を書いていきます。

冬の渓流でも魚が出るドライフライ

冬の管理釣り場、しかも渓流で水面で魚を釣りたい方におすすめする記事です。冬の渓流は気温も水温も低くさすがに魚の活性も下がります。目立つ水性昆虫の羽化も止まり水量も減って静かな印象になりますね。そんな中、どうしてもドライフライで魚を釣りたい方たちが世の中にはいます。さて、皆さんはなにを使っているのでしょう?

冬の管理釣り場でイワナを狙えるフライ、ビーズヘッドオーストリッチマラブー

他の記事でオーストリッチを使ったマラブーを紹介しましたが、少し変化を加えてイワナを狙いやすいフライにしてみました。特に冬!マテリアルがオーストリッチに変わっただけじゃん!っていうツッコミは置いといて紹介していきます。

ベイトタックルの利点とスピニングタックルとの違い

ルアーフィッシングの代表的なタックルとしてベイトタックルとスピニングタックルがあります。大体の人がスピニングタックルから釣りを始めると思いますが、これはスピニングタックルの方が初心者でも扱いやすく汎用性があるからだと思います。では、あえてベイトタックルを使う場合の利点は何でしょうか?

初心者ですがベイトフィネスで始めます。

フライマンのnakiです。渓流がシーズンオフになったのをきっかけに管理釣り場でのルアーフィッシングを始めたわけですが、自分の気に入った道具で魚を釣りたくて一式揃えました。ベイトフィネス!この記事ではトラウトルアー初心者の私がベイトフィネスを選んだ理由と使ってみた感想を書きます。