ルアーフィッシング始めます。フライマンですがエリアトラウト入門。

渓流の禁漁期間中でも管理釣り場なら釣りを楽しむことが出来ます。そんでオフシーズンに通うようになるわけですが、何処の釣り場に行っても圧倒的にルアー人口の方が多いです。(ルアーしか出来ないところも中にはあるしね)そんなことを考えてルアーをしている人を眺めていると、やってみたくなるのです。必要な道具やルアー、行った釣り場などについて今回は書いていきます。

ラビットミノーのタイイング!大型フライで大物狙い

このラビットミノーは秋冬の本流や管理釣り場で活躍できるストリーマー系のフライです。冬は大物狙いのシーズン。水温が下がると体の小さな魚は影響を受けて動きが鈍くなります。大きめのフライを使って大物を狙って行きましょう!今回はラビットミノーのタイイングについてのきじです。

管理釣り場のニジマスをより釣るための考え方

9月までゴリゴリ ネイティブトラウトを狙っていた皆さん、今年から渓流に目覚めて釣りを始めた皆さんもお疲れ様でした!これから来年の春を迎えるまでお世話になる回数が増える管理釣り場ですが、そこにいらっしゃる魚達をどうしたらより釣れるかって気になりませんか? 今回は管理釣り場で主に放流されているニジマスの攻略の糸口について書いていきます

【エッグパラ】なるフライを作って見ました。バカでしょ、笑わないで下さい真剣です。

エッグフライってありますよね。 めっちゃ釣れるやつ。釣れ過ぎて管理釣り場では禁止になっているところもあるようですが、釣れ過ぎるから使用禁止ってなんか釈然としません。という事でこれはエッグフライじゃないよ!ってフライを無理くり作ってみました。

ピーコックバックパラビートルのタイイング!

その名の通り、パラビートルのバック部分をピーコックに変えたフライです。 ピーコックソードを主に使うことによって煌めき感が増していかにも釣れそうなフライになったと自分では思っています。今回はピーコックバックパラビートルのタイイングについて紹介していきます。

ピーコックソードを使って玉虫的なドライフライをタイイング

ピーコックソードはピーコックハールに比べてフリューのキラキラ感があって色が鮮やかです。 このピーコックソードを使って鮮やかな色のボディバックを入れることによって「玉虫っぽい」フライを作りました。エリアトラウト系の釣りでフライらしいフライで魚が釣りたいときなんかに効果的なものだと思います。今回は玉虫的なテレストリアル系フライのタイイングを紹介します。

テレストリアルおすすめフライ3選!

夏~秋にかけての渓流フライではテレストリアルが活躍します。真夏はメイフライのハッチが少ないし秋になっても小型のものが多いです。川の上流で水量や水温の変化によって捕食できる水性昆虫の数が減ると渓流魚にとっては死活問題。今回はそんな夏~秋の渓流魚を惑わす使いやすいフライパターンを3つ紹介します。

禁漁期の渓流で釣りがしたいあなたにおすすめする関東エリアフィッシング3選

9月が終わると漁協が管理している河川では禁漁を迎えますね。渓流でも魚たちが産卵の準備に入るため一部を除いて釣りが出来なくなってしまいます。「それでも渓流で釣りがしたい!」というあなたに禁漁後も渓流釣りが出来る関東の管理釣り場を3箇所紹介します。