大型カディス系フライ、マドラーセッジのタイイング

マドラーミノーと言うストリーマーフライがありますが、その特性を残したままカディスフライとして作ったものがマドラーセッジ、大型のトビケラの成虫をイミテーションしたフライだそうです。タイイング面は複雑で面倒な作業が多いですが作りごたえのあるフライです。 作ってみたので興味があれば見てください。

ゴダードカディスのタイイング

特徴的なクリップボディはアメリカ西部の荒い河の流れにも負けない高浮力を持ち、いわゆるウエスタンスタイルと呼ばれウルフ系フライと共にアメリカンフライフィッシングの歴史を築いてきたフライです。今回はこのゴダードカディスのタイイングをしていきたいと思います。

フライリールとラインのメンテナンス!

釣りにいったら使った道具類はメンテナンスした方が愛着が湧きますし長持ちします。渓流フライの場合、リールの構造もシンプルでただラインが巻かれているだけのイメージですが、砂を噛んでいたりすると釣をしていて以外と不快に感じます。今回は釣りにいった後に私がやっているフライリールとラインのメンテナンスについてです。